会社案内

ホーム > 会社案内

会社概要

会社名 大建加工株式会社
所在地 〒615-0905 京都市右京区梅津石灘町7番地
連絡先 TEL 075-861-4131 / FAX 075-871-1366
設立 1959年8月
資本金 2,500万円
代表者 代表取締役社長 安井 隆
事業内容 印刷及び印刷物全般の表面化工、加工仕上げ全般
パッケージ企画・設計
加入業界組合 関西光沢化工紙協同組合
京都紙工協同組合

経営理念

1. 当社は、紙加工を通して付加価値を提供することで、顧客に貢献し顧客と共に発展します。

2. 当社は、企業活動を通じて社員の生活安定向上と、やりがいを提供することで社員を幸せにします。

3. 当社は、顧客や取引先、当社に関わる全ての人に対して、誠実に対応します。

会社沿革

会社の歴史

昭和34年(1959年)8月 京都市右京区花園扇ノ町26-6にて大建化工株式会社設立
艶出しニス加工を始める
昭和38年(1963年)10月 京都市右京区梅津石灘町7(現住所)に移転
昭和40年(1965年)7月 大建紙工株式会社設立 トムソン部門に進出
昭和41年(1966年)6月 光沢化工部門、エンドレス方式のプレスコートをスタート
昭和44年(1969年)5月 箔押部門に進出
昭和45年(1970年)3月 トムソン木型内製化を始める
昭和47年(1972年)10月 トムソン自動平盤打抜機導入、高速・省力化へ
昭和53年(1978年)1月 光沢化工部門にラミネート機導入、PP貼をスタート
昭和62年(1987年)3月 京都市右京区梅津高畝町52-3に第二工場開設
昭和62年(1987年)4月 シリンダー箔押機導入、多丁付・薄紙に対応
平成8年(1996年)3月 ストレートグルアー機導入、打抜から貼までの一貫化
平成12年(2000年)3月 トムソン木型設計・試作作成のため、サンプルカット機導入
平成12年(2000年)12月 PPラミネート機の増設・高速化進める
平成14年(2002年)5月 光沢化工部門に、溶剤を使用しないFUL型LCコート機導入
平成19年(2007年)3月 大判対応・品質安定のため、自動平盤箔押機導入
平成21年(2009年)8月 創業50周年 大建化工株式会社と大建紙工株式会社を合併、
大建加工株式会社としてスタート
平成21年(2009年)12月 圧着DMスピードアップのため、HPL型圧着機導入
平成24年(2012年)3月 トムソン部門、CAD面版を内製化
平成25年(2013年)12月 トムソン部門の省力化のため、落丁機TXR-1100導入
平成30年(2018年)2月 ストレートグルアー機の増設 4コーナー貼に対応

地図アクセス

アクセスマップ